第5回検討会

平成27年5月12日

国の重大事故検討会(第5回)が開催されました。

5月12日に「教育・保育施設等における重大事故の再発防止策に関する検討会(第5回)」が開催されました。

【資料については、内閣府のホームページで公開されています。】
http://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/meeting/kyouiku_hoiku/k_5/index.html

重大事故の検証について、前回の検討会では、「児童虐待による死亡事例等の検証制度」を参考に具体的に制度化を図ってくイメージが示されましたが、今回の検討会では。児童虐待による死亡事例等の検証制度をベースとした素案の考え方とあわせて、通知により制度を運用する方針が示されました。(下記資料参照)

≪検討会資料より抜粋≫
第五回パワポ

検証を円滑に実施するためには、本来ならば法令に基づく制度とすべき(法改正が必要)ですが、まずは通知により速やかに制度を開始する方針が示されたことは評価できると思います。
なお、検証主体となる都道府県及び市町村の役割分担については、継続して議論・調整していくこととなりました。

また、本検討会であわせて検討している、「事故の発生防止(予防)のためのガイドライン」「事故発生時の対応マニュアル」の作成については、別途、調査研究を実施して詳細を検討していくこととなりました。

事故の再発防止に向けた検討がいよいよ本格化し、重要な局面を迎えていることを実感しています。検討会のメンバーの一員として、引き続き様々な努力してかなければとの思いを強くしました。
スポンサーサイト

テーマ : 保育園
ジャンル : 育児

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: