スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4回委員会

平成24年9月20日

第4回目の第三者委員会が開催されました。

第4回目の第三者委員会が9月18日に開催され、見守り体制や救急処置、事故の背景にある面積最低基準など、多くの論点について意見交換が行われました。
面積最低基準についての突っ込んだ議論もありましたが、愛知県は「乳児室又はほふく室の面積基準について、国が解釈を明確化していなかったので一律1.65㎡でも問題ないと認識していた」と委員会で説明。 県下の各市町村や各保育所も同様の認識であったことも委員会で明らかにされました。

「今後、3回程度委員会を開催して結論を得る」との方向性も示されましたが、まだ議論が不十分な論点(面積最低基準、事故後の行政の対応等)もあることから、そうした論点について引き続き委員会においてしっかりと検証していただくよう、申し入れを行いたいと考えています。


≪9月19日中日新聞朝刊(県内版)≫
20120919中日朝刊


≪9月19日読売新聞朝刊(三河版)≫
20120919読売朝刊


≪9月19日毎日新聞朝刊(県内版)≫
20120919毎日朝刊


≪9月19日朝日新聞朝刊(三河版)≫
20120919朝日朝刊
スポンサーサイト

テーマ : 保育園
ジャンル : 育児

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。