スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

署名にご協力下さい

「愛知県碧南市の認可保育園において発生した死亡事故について、愛知県が主体となり、事故の原因究明と再発防止策の検討を行うこと」
を求める署名にご協力ください!

【署名ご協力いただき、ありがとうございました!】
 

10月半ばから収集していた署名を、2月17日に愛知県知事に直接手渡しました(署名は、目標の10,000筆を大きく上回る29,674筆が集まりました)。ご協力くださった皆様、本当にありがとうございました。
≪愛知県知事に面会し署名を提出しました(平成24年2月17日)≫



平成23年10月19日
事故から1年がたとうとしていますが、
残念ながら未だに事故の原因究明に向けた動きが見られません。
保育所の指導監督権限を持つ愛知県は、今も主体的な対応を取ろうとせず、対応を碧南市に丸投げしています。
≪愛知県知事定例記者会見でのコメント(平成23年9月28日)≫


そこで、事故から1年を契機に、
「愛知県が主体となり、事故の原因究明と再発防止策の検討を行うこと」
を求める署名を実施することにしました。

すべての保育所が子どもにとって安心・安全であるように、
今回の事故を教訓として、事故の再発防止に取り組むことは、
私たちだけでなく、皆さんが願っていることではないでしょうか?
そうした皆さんの願いを、署名として集めたいと考えています。

署名は、大村秀章 愛知県知事宛ての要望書の形式とし、
年内に年明けに皆さんの声を知事に届けたいと考えています。

≪注意事項≫
第1次締切=11月末日
最終締切=12月末日
※ご家族みんなでご署名ください。
 まだ自分で署名できないお子さんは、大人が代筆してあげてください。
 (子どもも大人と同じように意見を表明する権利を持っています。)
※愛知県以外にお住まいの方もご署名ください。
※個人情報の取り扱いについては十分注意し、他の目的に使用・提供しないとともに適正に管理します。


★できれば、署名用紙による署名をお願いいたします

より多くの皆さんの声を知事に届けるため、ご家族や友人にもお声かけの上、署名用紙を下記宛先まで送付ください。

【署名送付先】 〒447-8799 碧南郵便局留 栗並秀行 宛

署名用紙は下記のURLよりダウンロードしてください。
http://hiroyaspace.web.fc2.com/shomeiyoushi.pdf

より多くの方にご協力を呼び掛けるためのチラシも用意しましたので、ご活用ください。
http://hiroyaspace.web.fc2.com/chirashi.pdf


★インターネットでの署名も可能です

要望内容
「平成22年10月29日に愛知県碧南市の認可保育園において発生した死亡事故について、愛知県が主体となって専門家を含む第三者委員会を設置し、事故の原因究明と再発防止策の検討を行うことを求めます。」
に賛同いただける方は、下記のフォームより署名が可能です。
https://fs219.xbit.jp/s337/form1/
スポンサーサイト

テーマ : 保育園
ジャンル : 育児

街頭署名@明石公園

街頭署名@明石公園を実施しました!

平成23年10月23日
街頭署名当日は雨天が心配されていましたが、幸い天候にも恵まれ、明石公園を訪れた多くのご家族から署名を頂くことができました。2時間という限られた時間でしたが、533筆もの署名を集めることが出来ました。
多くの方に立ち止まって頂き、事故の件について、ご心配やご意見を頂いたのも印象的でした。

本日、署名にご協力頂いた皆様に感謝申し上げます。
今後も各方面に協力を呼び掛け、より多くの署名を集めて、愛知県に届けたいと思います。

インターネットを通じた署名も引き続き行っていますので、よろしくお願いいたします。
http://hiroyasmile.blog.fc2.com/blog-entry-19.html

―――――――――――――

平成23年10月22日
明日の街頭署名に向け、今朝、東京の友人から横断幕が届きました。
さすがプロの出来栄え! 応援ありがとうございます。

oudanmaku


≪街頭署名にあたり、寛也の母親より皆さんへのメッセージ≫

ブログ、ツイッターでの情報発信を始めて20日になります。その後、フジテレビ、NHK名古屋での放送もあり、たくさんの応援の声が直接届くようになりました。この事故やその背景にある保育の問題について、多くの方々に一緒に考えていただけるようになったことが、とてもうれしいです。
最初の新聞掲載のとき、寛也の写真や、私たち両親の実名を公表するか悩みました。事故発生以来、公式の発表はなく、誤解を受けていると感じることもありました。でも本当の寛也は元気ないい子。寛也の笑顔がそのことを自分で読者に伝えてくれると思い、写真を公表しました。そして、この事故を巡る問題について責任を持って訴えていきたいと考え、私たちも実名を公表しました。
私は2週間後に出産を控えています。子どもと一緒に生きることはとても幸せなことだと寛也が教えてくれたから、妊娠・出産することに迷いはありませんでした。街頭に立てるのも明日が限界だと思います。長くは立っていられません。でも、自分の声と言葉で責任を持って、ご協力を呼びかけたいと思っています。多くの方々に思いが通じ、一緒に考えてくださる方の輪が拡がりますように。
栗並えみ(twitterアカウント:ekurinami)


―――――――――――――

平成23年10月14日
事故から1年がたとうとしていますが、
残念ながら未だに事故の原因究明に向けた動きが見られません。
保育所の指導監督権限を持つ愛知県は、今も主体的な対応を取ろうとせず、対応を碧南市に丸投げしています。
(知事定例記者会見(09/28)の記事参照)

そこで、事故から1年を契機に、
「愛知県が主体となり、事故の原因究明と再発防止策の検討を行うこと」
を求める署名活動を開始することにしました。

すべての保育所が子どもにとって安心・安全であるように、
今回の事故を教訓として、事故の再発防止に取り組むことは、
私たちだけでなく、皆さんが願っていることではないでしょうか?
そうした皆さんの願いを、署名として集めたいと考えています。

まずは、下記のとおり、街頭署名を実施する予定です。

≪街頭署名実施のお知らせ≫
 日時 : 平成23年10月23日(日)
      午前10時~12時 (雨天の場合延期)
 場所 : 明石公園(愛知県碧南市明石町6番地11)
 http://www.katch.ne.jp/~kanrikk/index.htm

明石公園は、週末にはたくさんの家族連れでにぎわっています。
ご家族で公園へ遊びに来ながら、署名にご協力頂けるとうれしいです。

街頭署名の実施とあわせて、近日中に、署名用紙をブログ上にも掲載する予定です。また、インターネット上から直接署名いただけるような仕組みも用意する予定です。
当日来られない方や遠方の方は、ブログを通じてご協力いただければと考えています。

テーマ : 保育園
ジャンル : 育児

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。